ただひたすらに

ただひたすらに、前に進む姿は、頼もしく見えたり、かわいそうに見えたり、切なくもあり、また美しいものです。

写真は八重のドクダミ。

人間が勝手にドクダミというかわいそうな名前を付けただけで、花は何も気にしていない。美しいとかいう人の目なんか気にしない。ただひたすらに自分を生きている。

美しいと思う人の庭でひっそり咲く。そして株を大きくし、種を撒き、子孫を増やす。ただ美しいという理由で。

それは人間を利用したドクダミの生存戦略なのかもしれない。

このサイトをフォローする!

タグ:

コメントを残す