情報に振り回されず、評価する

コロナ禍で、みなさんストレスたまりますね。

科学的、統計的数字のデータをもとにではなく、空気感で政策決定しているように見える政府には疑問、不信を感じます。各方面調整型の政権は、方向性も目的もちぐはぐにしか伝わってきません。日本はどこに向かっているのでしょうか?

とにかく今は、感染確率を上げる行動を控え、冷静に世の中を観察しておくに限ります。

決定打と言われる「ワクチン接種」は、個人としては、素人的疑問が付きまといますが、人類全体としてはメリットが絶大なのでしょう。打つべきか、打たざるべきか、そもそも選択の余地があるのか、そこが問題。

人のうわさや、TVショー、感染症の専門家だけどコロナウイルスの専門ではない学者、などのポジショントークに惑わされず、

科学的根拠を示しているか、自分に都合の良い数字だけ示していないかなど、論評を評価するクセをつけなくてはと、思います。

このコロナ禍は、「情報活用能力」を身に着けるにはいい機会です。

 

このサイトをフォローする!

コメントを残す