• 何気ないけれど大切な日常。そこにある素敵な一瞬の記録です。 紅茶カフェ店主が想うままに綴るフォト・エッセイです。

    感染防止対策2021.1

    下関市内でクラスターが複数発生しました。昨年春以来の、厳しい感染拡大防止に取り組んでいかなければなりません。 カフェ・ティーフルでは、「感染防止対策2021.1」1/21~2/7を行います。多くのお客様にはご迷惑をおかけ …

    続きを読む


    ようこそ、2021!

    あけましておめでとうございます。この一年が皆様一人一人ににとって素敵な一年となりますように^^ 昨年は多くの方の親切に気付く一年でした。一人で生きているのではないのですね。助け、助けられ。ありがたいものです。 そして、ホ …

    続きを読む


    年末年始の営業のお知らせ

    年内は12月27日(日)まで営業です。 年始は1月5日(火)から営業致します。 例年のお休みは31と元日のみが多いのですが、 今年はコロナ感染拡大防止の観点から、帰省のお客様が見込まれる時期はお休みすることにいたしました …

    続きを読む


    エスプレッソ

    エスプレッソ:2005年 日本作出色あせしにくく、やや早咲きで花付きが良い品種、とのこと。   作出国が日本だからでしょうか、和風のいけばなのような立ち姿。

    続きを読む


    幸せは感受性しだい

      自分の存在は、人やモノなど他者との”つながり”や交流、かかわり合いの中にある。 他者との”つながり”を抜きにして自分のオリジナルな存在を証明するのは意味がない。   ”つながり”がない状態の「孤独 …

    続きを読む


    ランタナ

    ランタナ。 別名「シチヘンゲ(七変化)」 開花すると時間とともに色が変わっていくところから。 ランタナの花言葉:「心変わり」「確かな計画性」

    続きを読む


    トンボ玉のような水滴

      もっと大きく写るレンズが欲しくなる、そんなシーン。 「写真」のいいところは、次の瞬間には消えてしまうかもしれないシーンを固定できるところ。

    続きを読む


    アンジェラ~福智山ろく花公園

    たぶん、アンジェラだと思います。 わが家のアンジェラ、この秋は咲きませんでした。 四季咲きなので咲いてもいいのですが・・・ 公園で咲いているアンジェラも花が少ないので、もともと咲きにくいのかもしれません。 直方市の福智山 …

    続きを読む


    スカーレットメイディランド、アイスバーグ

    スカーレットメイディランド(赤)とアイスバーグ(白) なんだかめでたい色の取り合わせで。

    続きを読む


    朝露のシオン(紫苑)

    晴天の朝、日陰のシオンにはまだ朝露が残っていました。 秋の朝の風景です。 ・・・ シオン(紫苑)の花言葉:「遠方にある人を思う」

    続きを読む


    万葉~バラ

    完全に開くと大きなバラです。 つぼみから開きはじめの、花びらの巻き方が好きです。

    続きを読む


    色づく葉っぱ

    秋ですね。 サクラの葉っぱでしょうか。 色付いています。

    続きを読む


    皇帝ダリア

    あちらこちらで見かけるようになった「皇帝ダリア」 別名:木立(コダチ)ダリア 皇帝ダリアの花言葉:「乙女の真心」「乙女の純潔」「優雅」「威厳」

    続きを読む


    ベテランズ・オナー~バラ

    蕾の赤色が綺麗ですが、開くともっと綺麗ですよ~♫ 均整のとれた花形と色合いが格調高く、風格のあるバラです。

    続きを読む


    困った時は、どうにかしてなんとかする。

    神様仏様でも何でもいいんです。自分の信じるものにすべて預ける。 自分一人で何でもかんでも出来る気、やる気になっても全部出来るものじゃない。 *** 確かに人は素晴らしい面も、困難を克服していく強い面を持っています。 しか …

    続きを読む


    バラ、バタースコッチ

    サイトの記事が消失してほぼ一ヶ月。 サーバー移転、wordpressの設定など他のSNSや情報発信ツールと比較しながら、 あれこれサイトを立ち上げ、探ってきましたが、 やっと落ち着きました^^   年内には、こ …

    続きを読む


    さようならFacebook。無料サービスの気味の悪さ

    Facebookに、ついにログインできなくなりました。 正確には、ログイン画面からメアド、パスワード入力するとスモールビジネス向けの広告サイトにリダイレクトされます。 案内通りにクリックを進めても、結局は初めの広告ページ …

    続きを読む


    ヨハン・シュトラウス

    ヨハン・シュトラウス  1996年 フランス 作出 説明板より~ 「柔らかで繊細な色彩が魅力的な品種。大輪種で房咲き、大変珍しい。19世紀の作曲家の名前です」  

    続きを読む




    PAGE TOP